2009年04月19日

ぴよちゃんについて。。。

ぴよが死んでもうすぐ8ヶ月。
私の中ではまだ受け入れられていなくて、目をそらして生きてきたうちにぴよのいない生活に慣れてしまった状態です。

今日、ベランダの花の植え替えをしたので、あったかくなってきたしと、
ぴよのお墓を作ってあげました。
仲良しだったキキと一緒の鉢に埋めました。


なので、今日ここできちんと気持の整理をしようと思って書きます。

読んでくれる人もいなかろうとは思うけど、自分の気持の整理と、
記録として残しておくために、書いておこうと思います。

ぴよが死んだのは真夏の暑い8月25日でした。
具合が悪そうだなと思ってから、1週間。あっという間のお別れでした。

元気がないぴよ3.jpg

正直その1週間は病院に行ったり薬を飲ませたり検査したりしながらも、
多分ダメだろうとわかっていました。

それほどに具合が悪そうで、キキが死んだ時とよく似ていたから。

あまりにつらそうで、早く楽にしてあげたいという気持ちも正直ありました。
なんとか持ち直してくれればとも思ったけれど、
レントゲンで肝臓肥大が分かった時点で、諦めていました。

小さな小鳥。。。手術もできないしどうにもならない。

ぴよは7年間うちで暮らしました。
りょがっちに踏まれてねんざしたり、3日も旅に出たり色々あったけど、
とかく人間によくなついて、人間が大好きで、ほんとに可愛い子でした。

ぴよです-s.jpg

よくしゃべって呼べばすぐ飛んできて、言葉はなくても気持ちがわかるような、そんな信頼関係がありました。

いつもいつもそばにいたので、いなくなったことで心に大きな空洞ができた気がします。
ぽっかり穴があくってのもべたな表現だけど、
本当にそんな感じ。

穴の大きさは段々小さくなっていっても、きっと完全にふさがることはないんでしょう。


その日の朝はぴよがギーッ!!と鳴いたような気がして目が覚めました。

見るとカゴの床にうずまっていました。
もう終りなんだとはっきりわかりました。

カゴから出して手に乗せました。
飛ぶことももがくこともありませんでした。

最後のハ真.jpg

1週間ずっと辛そうに膨らんで目をつぶってぼんやりしていたのに、
その日は違いました。
細くなって眼を見開いて、恐怖におびえているような表情でした。

どうしてなのかわからない。
どこかがすごく痛んだのか、命が尽きるのがわかるのか、
とにかくびっくりした時の顔で、怖い怖いと目が訴えていました。

両手で包んで私はずっと泣いていました。
「ありがとう。ぴよありがとう。大好きだよ。辛いね、苦しいね、
もう少しで楽になれるからね。
ごめんね。何もしてあげられなくてごめんね。」

感謝と謝罪でいっぱいでした。

可愛い可愛い本当に可愛い動けないぴよをずっと両手で包んで、
見守っていました。

30分後にふっとぴよが軽くなった感じがしました。
眼を閉じてぐったりしてしまいました。

ああ、逝っちゃったんだ・・・・

ぴよの体のすぐ上に魂が浮かんでいるのがわかるような気がした瞬間でした。

辛くて苦しくてしんどい毎日からやっと解放してあげられて、
無力にもそれを見守る辛い辛い毎日がやっと終わって、
ほっとしたのと同時に、
ぴよがこの世からいなくなってしまった悲しみで、気が狂いそうでした。

遺体を見ているのは本当につらいです。

冷たくなって固くなって・・・ぴよはここにいるのに。。。
体はここにあるのに・・・

どうして動かないんだろう。。。生き物がただの物になってしまう不思議。
生命の不思議を痛感します。

最後の1週間は嫌がる薬を無理やり飲ませ、嫌がる流動食を無理やり食べさせ、つらい思いをさせてしまった。

どうせ死んでしまうなら、あんなことしなければ良かった。
ただただそっとしておいてあげればよかった。

この後悔は前回キキの時もありました。
どのみちセキセイインコは肝臓をやられてしまったら助けてあげられない。
だったら最後の最後まで苦しめなくてもいいんじゃないか。


キキの時同様、きちんと火葬してもらって骨を拾ったら少し気持ちも落ち着きましたが、
この8ヶ月、ぴよのことはとにかくとにかく考えないようにして生きてきました。

骨壺.jpg

考えると涙がとまらないし、精神的に病んでしまいそうで怖かったから。。。

思い出しそうになると無理矢理別の事を考えて、
思い出さないようにして生きてきました。

お墓をつくっていまやっときちんとぴよが死んでしまったことを受け止めています。

ぴよちゃんほんとにありがとう。
ほんとにごめんね。
どうかどうか天国でキキと一緒に幸せに暮らしてください。
そしていつか私がいくまで待っててね。


かわいいぴよ.JPG
ニックネーム ちなっぴ at 16:19| Comment(11) | (^◆^)インコたちの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
ぴよちゃんが亡くなって八か月、早いですね。
我が家のブチとデメは骨董で眠っています。
私も昨年暮れにデメの声聞いてます
先月ジャパンペットフェアでセキセイインコノーマルオパリングリーン若鳥二羽ケンとリンの里親になりました。
籠と餌付きで無料です。
鳥籠六個になりました。
一羽籠(ゆう、ゴン、スズ、フク、リン)五個
三羽籠(シロ、レン、ケン)籠一個
小さな家族の若鳥を育てながら守りたいって思っています。
Posted by 綺羅 at 2009年04月20日 18:19
◆綺羅さん

わあ、コメントありがとう。
書いてもきっと誰も気づいてくれないだろうと思いながら書いたんだけど、嬉しいです。

最近mixiも放置気味ですみません^^;
綺羅さん宅もいつのまにやら
どんどん大所帯になってますね(@_@;)

みんな元気で幸せに暮らしてくれますように(^^)
Posted by ちなっぴ at 2009年04月20日 19:24
夜分遅くにコメント失礼します。

読みながら涙がこぼれてきました。
ちなっぴさんのぴよちゃんに対する想い、
お互いの信頼関係、ぴよちゃんの想い。
「分かります」なんて軽々しいことは言えないですが、
伝わってきました。

我が家も犬一家なので、今までもこれからも
お別れの瞬間に立ち合うことがあります。
その時自分がどういう行動をとるか解りませんが、
ちなっぴさんのように時間をかけて愛してあげようと思います。

辛い気持ちを書きだして頂いてありがとうございました。
これからはぴよちゃんとの思い出を胸に、
もう少し上を向けそうですね!
Posted by michiko at 2009年04月21日 02:17
◆michikoさん

はじめまして。
有難うございました。
書かなきゃ書かなきゃと思いながら8ヶ月もかかってようやく気持ちの整理がつきました。

ペットは可愛いけど必ずお別れの日が来ると思うと悲しいですよね(>_<)

でもその分生きてる間にいっぱい幸せにしてあげたいですね。
Posted by ちなっぴ at 2009年04月21日 08:37
そうですね、出来るだけ幸せな生活を
させてあげたいと思っています。
うちのワンコは意思表示が激しいので、
全部に答えていたらわがまま娘になっちゃいますが。笑

ちなみに・・・初めましてじゃないですよー☆
Mでお世話になってます(ました)♪
Posted by michiko at 2009年04月22日 17:28
こんばんは。
ちなっぴさんの気持ち、痛いほど伝わってきます。
私も今でもぴぃのことを思い出すと涙がこぼれそうになることがあります。
ぴよちゃん、きっと天国で元気にしていますよ!
Posted by ぴぃパパ at 2009年04月28日 00:43
◆ぴぃパパさん

有難うございます(>_<)
私も当時、ぴぃちゃんの出来事とすごく重なりました(;_;)
今頃天国で一緒に遊んでるかな・・・(*^-^*)
Posted by ちなっぴ at 2009年04月28日 08:01
ご無沙汰してます><。
私も読みながら泣いちゃいました;m;

関係ないかもしれないけど、うちの父が、去年の冬、一時もう長くないと思うくらい意識が朦朧としてる時がありまして、その時に、母いわく、父は呼吸器つけたりまでして長生きしたくないと以前から言ってたので、万が一の事があっても構わないと先生に言ってたんですが、先生のおかげで、なんとか回復に向かって、意識もはっきりしてきたら、父は、そんな事言ってない!とか、出来る限りの事はしてほしい!とか言ってまして、やっぱり、死ぬって怖いんだなと思ったり。。。。
だから、ぴよちゃんも、出来る限りの事してもらえて喜んでるんじゃないかと思うのです。。。
私は出来る限りの事、今までの子たちに出来なかったし、たまちゅー達にも出来ないんじゃないかと思ってるので、ちなっぴさん宅にいる子たちは幸せだと思います。

何が言いたいのか分からなくなってきたけど、とりあえず、亡くなった子たちの事、忘れないで><。
ちなっぴさんが覚えている事で、その子たちは、ちなっぴさんの中で生きているんだから><。
私も、うちに居た子たちの事、忘れないでいるつもりです><。
が、鳥頭なんで、いつか忘れるかもしれませんが><;
ま、そういうことで^w^;
Posted by さくや at 2009年04月29日 22:01
◆さくやん

まあこっちに気付いてくれてありがとう〜。
もうほぼ閉鎖気味なんですが、書くならmixiよりこっちかなって感じで・・・

ほんと思い出すと今でもガンガン泣いちゃうから、なるべく思い出さないようにしてます。

お父さん、大変だったんだね(@_@;)
全然知らなかったわ。
回復なさってほんとになにより。。。

でもその話、すごく奥深いものがあるねえ。
私も自分、呼吸器やら管やらつけてまで生きたくないとか、いつ死んでもいいやとか思うけど、
いざとなると何が何でもって思うのかなあ。。。

そういうものかもしれないですね。
Posted by ちなっぴ at 2009年04月29日 23:20
お久しぶりです。覚えてるかな?
ぴよちゃんも亡くなってたんですね。
ウチの子達もピカが去年の5月16日に、アルは今年の1月27日に立て続けに亡くなりました。
あの頃に知り合った子達が居なくなり寂しいですね。
みんなが虹の橋で元気に待っていると信じて、今は会えるのを楽しみにしています。



Posted by ぴかぽん at 2009年11月07日 21:09
◆ぴかぽんさん

お久しぶりです。
ブログ放置しっぱなしで全然気づかずもうしわけなし(>o<)

お久しぶりですね。来てくれてありがとう。

そうですか。ピカちゃんたちもすでに・・・
だったんですね。
本当に・・・あのころの子たちはもうだいぶん減ってしまったのかもしれないですね。

我が家では先日で、とうとう黄金期(?)の4羽が、みんないなくなっちゃいました(;_;)
鳥はかわいいんだけど、お別れは本当につらいですね顔(泣)
Posted by ちなっぴ at 2009年12月24日 00:06